• Since 1975  岡山ハイキングクラブ公式HP 岡山の登山好き大集合!

    山行記録 五色台(高松市、坂出市)

    • 2022年11月20日

    JR山行 11月20日(日) 晴 参加18名 五色台にある札所3カ寺をめぐる、15㌔、7時間半のロングコースでした。最初に訪ねたのは八十一番の白峯寺。登りの石段は、途中で数が分からなくなるほど多く、きつかった。「お寺参り …

    続きを読む


    山行記録 吾妻山・比婆山縦走 (広島県庄原市)

    • 2022年10月23日

    バス山行 10月23日(日) 晴 参加24名 秋晴れの中、古事記の昔からイザナミ神話で信仰を集めた吾妻山・比婆山を経て越原越から広島県民の森公園センターまで7.5kmの縦走登山を行った。 まずは、比婆いざなみ街道から吾妻 …

    続きを読む


    山行記録 熊山~油滝神社コース(赤磐市)

    • 2022年10月9日

    JR山行 10月9日(日) 曇り 参加26名 赤穂線香登駅下車、油滝神社コースを上り、熊山駅最短コースを下る「熊山横断山行」を実施。 油滝神社は、室町時代に都から落ち延びてきた高貴な姫を祀ったと伝えられている由緒ある神社 …

    続きを読む


    山行記録 吉備の中山 175m(岡山市)

    • 2022年6月26日

    JR山行 6月26日(日) 晴 参加 32名 「吉備の中山」は、標高175mの低山ながら、備前と備中の国境にあり、太古より神奈備山として人々から崇められてきた山です。 30℃を超す暑さではありましたが、山中では、清々しい …

    続きを読む


    山行記録 馬着山~美保関灯台(松江市)

    • 2022年6月5日

    バス山行 6月5日 (日) 曇り 参加 27名 島根半島東端に、山裾を日本海の荒波に洗われて、こんもり盛り上がった山が馬着山(標高210m)。 三方を海に囲まれ絶壁や岩礁が入り組む絶景を満喫。 また、恵比寿様の総本宮とし …

    続きを読む


    山行記録 高妻山 379m (小田郡矢掛町)

    • 2022年5月22日

    JR山行 5月22日(日) 晴 参加34名 「人は見かけによらないもの・・・」と言われるが、「山も高さだけでは、あなどれない・・・」。井原鉄道・矢掛駅の北東にある標高379mの里山クラス。薬師堂の登山口をスタートするとと …

    続きを読む


    山行記録 蘇武岳縦走(兵庫県豊岡市)

    • 2022年5月8日

    バス山行 5月8日(日) 晴 参加27名 蘇武岳(標高1074m)は、兵庫県北部を南北に連なる但馬山脈の主峰で、兵庫50山の一つ。 山名は、中国・前漢の武将蘇武にちなむと言われている。 良く整備された登山路は、花あり滝あ …

    続きを読む


    山行記録 三平山~朝鍋鷲ヶ山(真庭市・新庄村)

    • 2022年4月24日

    バス山行 4月24日(日) 曇り 参加25名 バス出発時、岡山駅前は雨だったが、県北に入ると雨は止み、かえって登山日和に・・・ ショウジョウバカマやスミレの群生を愛でつつ三平山へ・・・ 山頂からの大山・烏ヶ山の雄姿もバッ …

    続きを読む


    山行記録 黒滝山・白滝山(竹原市)

    • 2022年4月4日

    JR山行 4月3日(日) 晴 参加27名 春のうららの瀬戸内海♪ 桜は満開!ツツジも咲き始め、天気は快晴!瀬戸内海が一望のもとに・・・ しまなみ海道はもちろんのこと、四国の石鎚山まで望め、大感激! 更に、黒滝山は西国三十 …

    続きを読む


    山行記録 女木島(高松市)

    • 2022年3月20日

    JR山行 女木島(高松市)3月20日(日) 晴 参加28名 コロナ禍で休んでいた例会を再開しました。いつもとは趣向を変え、高松港からのフェリーで20分余り。桃太郎伝説の舞台・鬼ケ島に上陸しました。南端にある小さな「岬の白 …

    続きを読む


    山行記録 金刀比羅宮~大麻山616m(香川県)

    • 2022年1月9日

    2022年1月9日(日) 晴 参加35名 「海の神さま」として親しまれている「金比羅さん」!実は、金毘羅山という山は無く、金比羅奥社(393m)その後ろの象頭山(538m)さらに北にある大麻山(616m)などの山塊を総称 …

    続きを読む


    山行記録 六甲山・徳川道 (神戸市)

    • 2021年12月19日

    12月19日(日) 晴れ後曇り 31名参加 徳川道は明治維新直前(1867)、メイン道路の西国街道での外国人とのトラブルを避けるため、幕府により突貫工事で作られたバイパスです。もっとも、すぐに維新となったため実際に使われ …

    続きを読む